<外題> 大和名将阿倍の臣 齶田の平定

斉明天皇4(658)年、阿倍引田臣比羅夫は蝦夷を征する為軍船180艘を連ねて齶田(秋田)の浦に接岸。その勢いに驚いた首長恩荷は弓矢を捨て大和朝廷に服属を誓う。阿倍臣は「夷を以て夷を征す」同化策で恩荷に小乙上の位を授け、渟代(能代)津軽二郡の郡領に任命した。阿倍臣の平定は日本書紀に記録され秋田誕生の史実である。


<見返し> ドラレコに ブレーキアシスト 曳山にも


町内情報

●委員長 : 小坂 博之
●曳山置場: 秋田ヤクルト隣空地
●会 所 : 土崎港北3丁目3-16