<外題> 一新紀元 光輝の暁星

寿永4年(1185)、壇ノ浦の戦い。
敗北が濃厚となった平家の中で一人気を吐く教経、八艘飛びで躱す義経。源平最後の合戦に相応しい名場面である。源氏が勝利し新たな時代を拓くこととなるが、この戦から4年後、義経と忠臣弁慶は共に命を絶たれる。三者にとって悲運の戦となるが、それぞれが貫いた信条は後世消えることなく輝き続ける。


<見返し> 支持欲しさ 令和おじさん スガ(菅)る安部


曳山置場: 土崎神明社境内