<外題> 義烈の白眼 舞う直垂

押切城主三浦盛末は、家臣小和田甲斐の謀反との讒言により安東愛季に登城を命ぜられた。盛末は湊へ急ぎ永覚町に差し掛かったところ、愛季・甲斐の軍勢が襲い掛かってきた。盛末の供は少数不利であったが奮戦物凄く敵は後退し始めた。しかし、甲冑もなく直垂姿に鉄砲を撃ち込まれ絶命した。後に疑いは晴れたが当町内では現在も憐れみ弔っている。


平昌の フィギュアに勝る(MASARU)  金メダル


町内情報

●委員長 : 矢守 弘治
●曳山置場: 那波商店事務所前
●会 所 : 那波商店倉庫